2009年05月13日

中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始【産経ニュース 2009/5/12】

中国のが日本の水源の森林を買って、水不足によるビジネスチャンスで一旗あげようと活発に活動しているようです。

中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始

 中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

 買収話が持ち掛けられた地元自治体などが慎重姿勢を示しているため、これまでに売買交渉が成立したり、実際に契約締結に至ったりしたケースはないというが、外国資本の森林買収による影響が未知数なことから、林野庁は都道府県に対して一斉調査を始めるなど危機感を強めている。


続きを読む
posted by 枝垂桜 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。