2009年05月19日

民主党・(ネクスト財務相)中川氏「民主党が政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」

ちょっと前の記事になりますが。
えーと。民主党はアメリカに喧嘩を吹っかけたいようです。
せっかく経済が徐々に持ち直してきていたアメリカにとって、民主党の一議員とはいえ日本の政治家の発言でドルが売られたら、今までの苦労が水の泡になりかねないところです。


「ドル建ての米国債買わず」=民主・中川氏発言で円上昇−NY市場【時事ドットコム 2009/5/13】
 【ニューヨーク12日時事】英BBC放送は12日、民主党「次の内閣」の財務相を務める中川正春衆議院議員が、「民主党が政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」と発言したと報じ、ニューヨーク外国為替市場でドルが対円で売られる要因となった。次期総選挙後に政権を担う可能性がある民主党の幹部が、ドルの安全性に懸念を表明したことで、ドルに対する不安が強まったとみられる。(2009/05/13-13:12)


ソース:http://www.jiji.com/jc/zc?k=200905/2009051300136



もうね、バカかとアホかと。
昨年秋のリーマンショック後、なぜ、円だけ円高に振れたのか、ニュースでも散々やっていたと思いますが、「日本の円に対する信頼感」が世界中にあり、金融市場でみんながドルを売って円を買ったからなのです。
それはなぜか。
日本の国債は、日本国内だけで賄われています。
日本政府は国民からお金を借りていても、外国からはお金を借りていない状態です。

経済の事はよくわからないのですが、単純化して説明すると、「父ちゃんが母ちゃんのヘソクリや息子のバイト代を借りて家計の足しにしている」と言えるでしょう。
「家の外にある金融機関からは一度もお金を借りていない状態」なのです。
つまり、与信は真っ白。

そういう日本円だから信頼されているのです。
で、アメリカとしても早く自国の経済を立て直したくて頑張っているのに、「ご近所や町内の信頼厚い日本家の次男坊が『アメリカ家にお金貸してって言われても、俺が当主になったらもう貸さないもんね』と言った」のと同じなのです。
そりゃご近所や町内の人々は、「あの日本家の次男坊がああ言ってるんだからこりゃちょっと考えないと。俺んとこも少し返して貰おうかな」になりますよね。
その信頼のバロメーターが、外国為替市場なのだ、と私は考えています。
(もちろん、こんな単純化はできないのですが、あえて単純化して説明しています)

時事ドットコムの「次期総選挙後に政権を担う可能性がある民主党」という見方には私は疑問を感じますが。

日本がアメリカのドルを買うことによって、ドルの信頼度を上げているのだそうです。
それなのに、その日本の議員が「アメリカ国債買わね」と言ったら、ドルの信頼度ががた落ちになるのも当たり前ですね。

円高ドル安になると、日本の輸出産業はまた打撃を受けます。
自動車産業が打撃を受けると、それが周りに波及します。
また日本の景気が悪化する要因となりかねません。
民主党はその辺をどう考えているのでしょうか。
アメリカとの貿易が一番多い日本で、対アメリカの貿易が赤字になったら?
日本の経済は確実に悪化するでしょう。

もっとも、民主党は中国と連携を取るつもりだから、アメリカのドルが下落しても気にしないのかもしれませんね。
なにせ、2009年1月23日に、当の中川正春氏、ロイターのインタビュー記事「急激な円高には介入必要=民主「次の内閣」財務相」

「(円高進行が)急激な時には、円高のペースを和らげるためには直接介入もしないといけない」
「これ以上米国債・ドルを持ち続けるのはリスクが大きい。介入するとドルが増え、リスクが大きくなるので、いろいろ工夫しないといけない」
「1ドル90円台、80円台に定着するのはいびつで、円の価値が上がっているのではなく、円しか資金の行き先がないという状況」
「日本の経済はもたない」


と話しているのに、

 ドルの基軸通貨としての将来の見方については「アジア共通バスケットなどで新しい基軸通貨を作っていきたい。中国などと連携しないといけない」と述べた。

ソース:ロイター
(魚拓:http://s01.megalodon.jp/2009-0125-0235-04/jp.reuters.com/article/forexNews/idJPJAPAN-36048320090123
そうですから。

しかし、アメリカとしては面子を潰されたようなものだから、今後民主党が政権を取れないように影でなんらかの圧力を加えてくるかもしれません。
民主党が政権を取ったら、アメリカ国債は暴落する可能性が高くなってきましたから。



banner_12.gif
↑この記事に共感できたらクリックお願いします
posted by 枝垂桜 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。