2009年05月12日

麻生首相とロシア・プーチン首相の会談 【日露】領土問題「われわれの世代で最終解決」を確認 麻生−プーチン会談【産経ニュース 2009/5/12】

【日露】領土問題「われわれの世代で最終解決」を確認 麻生−プーチン会談

麻生太郎首相は12日夕、来日中のロシアのプーチン首相と首相官邸で会談し、北方領土問題に関し、「平和条約が存在しないことは日露関係の支障になっている。われわれの世代での最終解決を図る必要がある」ことを確認、受け入れ可能な方策を模索する作業を加速することで合意した。(続く)



 また、日露両国を「戦略的な重要パートナー」との認識で一致、双方の関心事項の実現に向け、実務分野での協力を積み上げることを確認した。

 会談後、麻生首相は「率直かつ真剣な議論を行うことができ満足している。(2月の)サハリンでのメドべージェフ大統領に続き北方領土問題を高い次元に引き上げる第一歩になった」と述べた。

 記者会見に先立ち、日露首脳と関係閣僚は、原子力協定▽刑事共助条約▽税関協力相互支援協定▽省エネ技術協力に関する覚書▽水産物の密漁防止協力に関する覚書−など3条約5文書の署名式を行った。原子力協定により、日本の原子力技術を供与する見返りにロシアにウラン濃縮を委託し、ウラン燃料の安定確保が可能となる。省エネ覚書では、日本の省エネ技術の供与によりシベリアなどの資源開発に弾みがつくと期待されている。

 麻生首相は昨年11月のペルー・リマでメドべージェフ大統領と初会談し、北方領土問題について「次世代に先送りしない」ことを確認。今年2月にはサハリン(樺太)でメドべージェフ大統領と2度目の会談を行い、「新たな独創的で型にはまらないアプローチ」で解決する方針で一致していた。しかし、プーチン首相は来日に先立ち日本の一部メディアの取材に対し、「問題の解決には相互信頼の醸成が必要だ」と述べ、領土問題の先送りを示唆していた。

ソース:産経ニュース
 (1/2 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090512/plc0905122130014-n1.htm
 (2/2 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090512/plc0905122130014-n2.htm


 (魚拓1:http://s01.megalodon.jp/2009-0512-2224-29/sankei.jp.msn.com/politics/policy/090512/plc0905122130014-n1.htm
 (魚拓2:http://s03.megalodon.jp/2009-0512-2225-28/sankei.jp.msn.com/politics/policy/090512/plc0905122130014-n2.htm



ロシアのプーチン首相が来日しました。
ロシアとの間には北方領土問題があり、それをどうするのか、興味深いところでした。
まあ、一足飛びに解決とはならないだろうと予測はしていたのでほんの少し進展があっただけでもいい事ではないでしょうか。

ただ、今よりロシアとの関係を親密にする為に
★原子力協定
★刑事共助条約
★税関協力相互支援協定
★省エネ技術協力に関する覚書
★水産物の密漁防止協力に関する覚書
の3条約5文書の署名式を行ったのは評価されてもいいと思います。
(個人的にはロシア人を信用しきってはいけないと思いますが)

原子力協定─日本の原子力技術を供与する見返りにロシアにウラン濃縮を委託し、ウラン燃料の安定確保が可能となる。
省エネ覚書─日本の省エネ技術の供与によりシベリアなどの資源開発に弾みがつくと期待されている。(文中より引用)
だそうです。
けれども、私としては日本の原子力技術をロシアに供与するのは少し心配な面があります。
その技術でロシアが核ミサイルの強化をしないか、というものですが・・・。
ただ、心配していたら友好関係を築けません。
日本にはっきり敵意を向けている北朝鮮があり、ロシアを味方につけることによって北朝鮮を牽制できるのですから。

もちろん、北方領土が返還されるのが一番いいのですが。

とりあえず、かなり手ごわいプーチン首相の笑顔を引き出せる麻生首相はたいしたもんだと思いますw

おまけ(産経新聞からの引用です)
プーチン首相と麻生首相.jpg


posted by 枝垂桜 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。