2009年05月08日

竹島と対日、分離して対応 韓国大統領が表明

竹島と対日、分離して対応 韓国大統領が表明(8/15)

 【ソウル14日共同】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、韓国人歴史学者らとの懇談で、日本の新学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)明記に関連し「独島問題に対応していく一方で、日本との関係は引き続き維持していかねばならない」と表明した。大統領府が明らかにした。竹島問題と対日関係について分離して対応する考えを示したとみられる。

 竹島明記発表後、李大統領のこうした発言が公になったのは初めて。

 李大統領は竹島問題について「断固とした、冷徹な意思を持って対処する」という姿勢を強調した上で、従来の対応は「無条件に声を張り上げ、数日過ぎれば冷めてしまう」ようなやり方だったと批判。「非常に賢い対処」の必要性を訴え、政府と企業、在外同胞などが協力して「緻密(ちみつ)に文化的に」行動していくよう要請し「戦略的で長期的」対応の重要性をあらためて訴えた。

ソース:47NEWS


去年の8月15日のニュースなんですが、

>在外同胞などが協力して「緻密(ちみつ)に文化的に」行動していく

つまり、在日が日本を乗っ取るように、密かに計画・行動していく、と言うことですね。
それで「外国人参政権ヨコセ!」や「カルデロン一家問題」など、いろんなところで在日が暗躍していたんだ、と腑に落ちました。

テレビも、最近また執拗に韓国を押し付けてきています。
NHKですら、最近はバラエティ系の番組やコーナーで、何かにつけ「お隣、韓国の」と冠詞をつけて刷り込みをしています。

お隣、と言われると、なんだか親しいような、あるいは親しくしないといけないような気になると思いますが、このように発言しながら刷り込むのはまるで

言葉によるサブリミナル・コントロール

みたいです。
今年(2009年)の3月には、電通の最高顧問に対して韓国政府から勲章が授与されました。
成田豊・電通最高顧問に修交勲章光化章を授章(2009/3/24)

(前略)
成田顧問は1988年のソウルオリンピック、1993年の大田国際博覧会、2002年の韓日ワールドカップに寄与し、2005年からソウルで毎年開催されている韓日交流おまつりなど多彩な韓日文化交流事業にも積極的に参加するなど、30年にわたり両国の交流拡大と友好増進に大きく貢献した。(後略)
 (魚拓:http://s01.megalodon.jp/2009-0325-0705-00/japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/03/24/0200000000AJP20090324004000882.HTML


つまり、30年以上も電通によって、「韓国はお隣の国で親しくすべき」と刷り込まれてきたわけです。
日本には在日問題があるのに。
彼らが日本国籍を取得するのは、他の外国人より簡単なのです。
それにも関わらず、60数年日本に住んでいて日本国籍を取得せず、韓国籍(あるいは北朝鮮籍)のままでいる、というのは非常におかしい。
しかも現在では3世4世までいるというのに。

日本国籍を取得すれば、参政権は自動でついてきます。
なのに日本国籍を取得せず韓国籍のまま、参政権をよこせ!とゴネているわけです。

どう考えても理屈に合わないのに、しつこくゴネています。
しかも、民主党や社民党、共産党、公明党(つまりほぼ自民党以外)などの主要政党は、外国人参政権に賛成しています。

こういうコピペがありました。

752 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/05/08(金) 06:37:01 ID:HC1xjvz+0
204 : ミゾコウジュミチノクコザクラ(西日本) : 2009/05/08(金) 01:05:23.72 ID:bTOFbBoc
TBSはこうして在日朝鮮人に乗っ取られた。 窓際社員の独り言です。

(1)1960年代
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を"北朝鮮"と呼んでしまった、など)に対して、朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に"在日枠"が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られ身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、しかし昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

753 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/05/08(金) 06:38:24 ID:HC1xjvz+0
(3)1980年代---90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を援護。あからさまな社会党支持。

(4)1990年代---2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
朝日新聞、系列のテレビ朝日が、どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多い。
バブル崩壊以降の景気低迷でただでさえ厳しい広告収入が、「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。
まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が運営しているのがウチの放送局。
在日の局長が在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が為されると思う。




在日韓国人の芸能人は多いのです。
みんな通名を使っているので気がつかないだけですが。
そして、これを信じるか信じないかは、読んだ人次第です。
posted by 枝垂桜 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。