2009年05月07日

在日はやっぱり日本乗っ取りを企てていた!

タイトルが大げさだと思う人、それはちっとも大げさじゃなかったのです。

これ↓は2ちゃんねるで出回っているコピペなのですが・・・。

106 : 名無しさん@九周年 : 2009/05/06(水) 03:46:37 ID: btAmEqTe0

ミンス=チョソ

ミンス支持者=反日チョソかマスゴミ鵜呑みの情弱



ってのが定説になりつつあるな



108 : 名無しさん@九周年 : 2009/05/06(水) 03:50:01 ID: z5PfJAD20

>>106

だがそれが世間に公表される事は永久に無い

民主勝利で馬鹿なジャップを在日同胞が

支配する
のも時間の問題

同胞の多い公明党も引き続き与党だし

自民とウヨクだけ涙目敗走www

※注:情弱=情報弱者。テレビや新聞から与えられた情報を鵜呑みにして自分でその情報の真偽を確かめる事も考えることもしない人達の事。




在日韓国人が、日本を支配する、とはっきり明言しています。

もっと分かりやすく整理すると、

●民主党が選挙で勝利すると日本人を在日が支配する。
●公明党にも在日韓国人(と帰化した元在日韓国人)が多い。
●民主党が勝って与党になったら民主党と組んで引き続き与党になる。
●依って民主党が勝ったら日本を支配する事ができる。

と宣言しているわけです。

在日韓国人は韓国籍です。外国人なんです。

外国人に参政権を与えている国は少しありますが、欧州は厳しい制限をつけています。

無制限で参政権を与えている国はアイルランドのみ。


「韓国は在韓日本人に参政権を与えている。だから相互主義によって在日韓国人にも参政権を与えるべし」

というのが民主党の言い分らしいのですが、その韓国での参政権は非常に厳しい制限があります。

ちょっと古いデータですが、サーチナからの引用を見てください。

韓国地方選挙:中国人も初投票、中華街に候補者
【政治ニュース】 2006/06/01(木) 13:50

 韓国で5月31日に行われた統一地方選挙で、外国人に対して初めて選挙権が与えられた。華人6516人にも選挙権が付与され、多くの人が投票所に足を運んだ。6月1日付で東方早報などが伝えた。

 野党・ハンナラ党の圧勝で終わった今回の統一地方選挙では、韓国に居住する約20万人の外国人のうち、6726人に選挙権が与えられた。内訳は大陸系の華人が5人、台湾系の華人が6511人、日本人が51人、米国人が8人などだった。

 選挙権の付与は、韓国の永住権を獲得して3年以上が経過した19歳以上の外国人に限定されている。永住権を得るためには、同国で200万ドル以上の投資を行ってきたことや定められた以上の年収があることなど厳しい条件が設定された。(後略)


3年前の韓国の選挙で、初めて外国人に対しても選挙権が付与されたわけですが、韓国国内に20万人いる外国人のうち、与えられたのは6726人のみで、そのうち日本人はたったの51人のみです。

そしてその付与条件は

1.韓国の永住権を獲得して3年以上が経過した19歳以上の外国人

2.永住権を得るためには、同国で200万ドル(1億9千7百万円)以上の投資が必要(今日現在の為替相場)

3.そして一定以上の年収が必要

となっています。

それに対して、日本にいる在日韓国人は60万人以上。成人だけを考えても40万人以上います。
そのうちの60%が生活保護受給者で、日本に対して何の貢献もしていないのです。
それに対して、無条件で参政権を与えよう、というのが民主党。

韓国国内では51人しか参政権が与えられていないのに、「相互主義によって」40万人以上いる在日に参政権を付与しろって、頭が沸いているとしか思えません。
しかも、片や2億円もの投資実績が必要なのに、日本国内では無職で日本にまったく貢献しておらず、むしろ生活保護を受給して寄生しているだけの存在なのに、「相互主義」ってなんですか?

相互主義というなら、在日外国人への参政権付与へも同様の条件をつけましょう。

1.日本国籍を取得してから5年以上
2.国籍取得条件には投資実績が年間で5千万円以上
3.尚且つ収入は2千万円以上
4.上記条件のほか、反日的言動・行動を行ったら即時国籍剥奪の上強制送還

これぐらいしないと、国力バランスに見合った、「相互主義に基づく公平なもの」とは言えないと思いますね。


しかし、在日が有利になるように動く民主党って、いったいどこの国の政党なんでしょうね?


でも、韓国がもうすぐ「在外同胞への参政権付与」をするというニュースもあったことだし、そうなると日本の参政権はいらないですねwww
posted by 枝垂桜 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。